UNION LEAGUE > Rule
Rule

【規定】

競技規則は原則として日本サッカー協会競技規則に準ずる。

 

リーグ戦の勝ち点は、勝利で3点、引き分けで1点、敗戦で0点とする。
1部最下位のチームは2部優勝のチームと無条件で入れ替わり、1部の8位チームと2部の2位チームは入れ替え戦を行う。
順位決定については、①勝ち点②得失点③総得点④当該チームの戦歴⑤会議での抽選の順により行う。
試合時間はリーグ戦は30分ハーフ、カップ戦あ25分ハーフとする。
グラウンド代は対戦チーム同士で半額ずつ負担する。

 

審判用具(フラッグ・ホイッスル)はホームチームが用意する。また、審判は第三者チームが行う。
各チームは審判に対し、リーグ戦・カップ戦ともに審判代として2,000円を支払う。審判が遅刻する場合は、代理審判を対戦チーム同士の話し合いで選出する。
また、遅刻した場合は審判代を受け取る事は出来ない。前半終了までに到着した場合は、代理審判と速やかに交代する。
前半終了までに辿り着けない、もしくは審判の不在により試合が不成立となる場合は、その審判を欠席扱いとする。
審判欠席一人当たり10,000円の罰金、勝ち点-1をもって制裁とする。

 

相手が会場に来ない(グラウンド使用開始時刻から30分経過の場合)、6人以下であるなど、相手が原因で試合が不成立となった場合、集合したチームの不戦勝(3-0)とする。
試合途中で、グラウンド管理者によりグラウンドの使用が不可能となった場合、その試合を無効とする。
ただし、試合が後半15分を経過した場合にはそこまでのスコアを試合の結果とする。

 

選手間のトラブルなどで試合続行が不可能となった場合、1年間の出場停止を基本とし、調整はリーグ会議で当該チーム以外の話し合いにより制定を下す。